python バフェット流 バリュー投資判断 

数年前、とある会合に呼ばれ、親切な方からバフェット流バリュー投資判断の技を教えてもらいました。

そのときのエッセンスをすべて詰め込んだスクリプトがこれです。

しかし、久々に実行してみると動きません。

とはいえ、大事な判断基準はこのスクリプトの中に入っているはずなので、読解してみると有益かもしれません。

 

Python:webカメラとOpenCVで動体検知してLine Notifyで画像を通知する

こんにちは Keita Nakamorです。久々の投稿です。

今日は、webカメラとOpenCVで動体検知してLine Notifyで画像を通知する 、ってことをやってみます。

予めアクセストークンをLine Notifyでとっておいて下さい。Bearer <ここにアクセストークンをはる> ってところに貼り付けます。<>は入りませんよ。

久々すぎるのでOpenCVの基礎からやっていきます。

ステップ1:静止画像ファイルを読み込んで出力する

 

ステップ2動画ファイルを読み込んで出力する→リアルタイムキャプチャーする

 

ステップ3 リアルタイムキャプチャー と リアルタイム背景差分処理

アクセストークンは、Line Notifyから取得して<>内にコピペしてください。かっこ部分は削除してください。

 

以上

グラフ 第2軸の作り方

matplotlibを使って2軸あるグラフを作成してみます。

 

 

Python3: 3Dプロット from mpl_toolkits.mplot3d import Axes3D

3Dプロットのやりかたです。

モジュールは

from mpl_toolkits.mplot3d import Axes3D
%matplotlib notebook

を使っていきます。

 

 

カレントディレクトリのテキストファイルのリストを作成する方法、リスト内包表記

 

リスト内包表記を使うと3行が1行に短縮できる

 

リスト内包表記を使って、テキ

 

ストファイルのみを抽出してみる

ラズパイ4:GPIOを使ってLEDを点滅させる

GPIOを使ってLEDを点滅させてみました。

 

 

 

 

 

 

FT232HとI2Cデバイスの複数接続(MPU-6050)

前回に引き続き

Windows10でPythonから加速度センサMPU-6050を動作させる

I2Cの複数接続をやってみます。

接続方法

2つ目のMPU-6050を接続する場合は2つ目のMPU-6050のVCCには何も入れず、代わりにADO(データアウト)へ対して+5Vを入れるとI2アドレスが0x69になってくれます。よって、スクリプトでは1つ目が0x68, 2つ目が0x69として値を渡してあげればよいのです。※データシートを熟読できていないので、もしかしたら、+3.3Vが正しいのかもしれません。

スクリプト

ポイントは、インスタンスを作るときにI2Cアドレスを引数として指定することです。ここだけです。

mpu1 = adafruit_mpu6050.MPU6050(i2c, address=0x68)

mpu2 = adafruit_mpu6050.MPU6050(i2c, address=0x69)