仮想空間VR:BlenderでUV作成 #1 できました!

かずまなぶ です

Blenderやっていきます。インストールまでは前回やったのでOKですね。下の絵が今回の完成形です。

choose screen leyout から UV editing を選択!! これかー!画面が真っ二つに割れました。

書籍:UnityによるVRアプリケーション開発 に従ってやってもダメでした。もう内容が古いんですかね。

事前準備

  1. まずは、初期状態でObject Modeの画面になっています。Aキーで全選択し、カメラと光源とcubeオブジェクトを全て消し去ります。
  2. 作業のために画面レイアウトをいじりましょう。画面上部のchoose screen layoutからUV editing を選択して、UV用画面を作りましょう。画面が左右真っ二つになります。
  3. 右側のobject Modeの画面の左端 CreateタブのUVSpherで球体を設置しましょう。
  4. 球体を空間の原点に移動しましょう。右側メニューのTransform>Locationで座標(0,0,0)にしましょう。
  5. 球体のサイズをわかりやすく Dimensions(1,1,1)にしましょう
  6. object Mode画面でTabを押して Edit Modeに切り替えましょう。球体がハイライトします。

展開する

  1. 右側のedit modeのウィンドウでテンキーの1を押して姿勢を正す。
  2. その見え方のまま、Uキーを押してUV mapping>project from viewを選択すると、左のUV editingウィンドウに展開図が出る。

画像ファイルを張り付ける

  1. UVウィンドウの下側メニューにopen imageボタンがあるので、そこから画像データを選択する
  2. 展開図のサイズ調整:Sでスケール調整 SXで水平方向スケール調整  SYで垂直方向調整
  3. 展開図の位置調整    :Gキーで移動 GXで水平移動 GYで垂直移動
  4.  まだ、貼れてないので注意
  5. edit modeの右上のつまみを下げて、新しいウィンドウを作る(上の画像の状態)
  6. 作ったウィンドウの左下のボタンを押して、propertyiesに切り替える
  7. type of active date to display and edit(material) > Newボタンを押す
  8. type of active date to display and edit(texture) > Newボタンを押す
  9. type をimage or move にする
  10. image >左のボタン(browse image to be linked)から、さっきedit modeウィンドウに張り付けた絵と同じファイルを選択する。
  11. edit mode window の下の丸い球ボタンを押して、renderingにする

なんか真っ黒なんですけど!!

でもだいじょうぶ、ちゃんとできてます(‘ω’)ノ

ライトで照らしましょう

  • object mode ウィンドウで create>Lamp>Hemi の追加で美しく輝きます。

ひとまず、セーブして exportしましたので、次回はUnityへの取り込みをやっていきたいと思います。かずまなぶ

The following two tabs change content below.

Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。

投稿者: Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。