python:flaskの基本2 GET, POST, PUT, DELETE

今日はflaskが実行されているサーバーのIPアドレス127.0.0.1:5000に対して、クライアントからPOSTするやりかたを見ていきます。

flaskサーバー側のスクリプト

flaskのメインスクリプトに下記の関数を追加します。

これをVScode右上の再生ボタンでRUNさせておきます。

127.0.0.1:5000でRUNし始めたはずです。

クライアント側のスクリプト

これに対して、クライアント側からPOSTするために、pythonファイルを新規作成してrequestsモジュールのpostメソドを使ってアクセスしてみます。

で、これをVScode上ではなくて、cmdを開いてそこから実行すると。

cmdでクライアント側のスクリプトを実行

(‘username’, ‘mike’)が返ってきています。

 

以上、GET, PUT, DELETEも同じやり方です。

The following two tabs change content below.

Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。

投稿者: Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。