機械学習:Scikit-learn ブレストキャンサーデータを良く眺めてみる。ついでにKNNをやる。

こんにちはKeita_Nakamoriです。

今日はブレストキャンサーデータを良く眺めてみようと思います。

データをロードしてキーを確認しましょう。

 

キーを指定してデータの内容を確認しましょう

 

おまけ

np.bincount()を使うと 順番に[0の数 , 1の数 , 2の数,・・・]というようなベクトルが得られる

 

勢い余って、KNNをやってしまおう

おわりに

ということで、たったこれだけで、92%の正解率が得られました。

これは、データがしっかり整っているからできることです。

実際に自分自身の課題に対して機械学習を適用しようとすると、データを収集してきれいに整えることにエネルギーを費やすのだと思います。

番外:データフレームとスキャッターマトリクスを眺めてみる

データ数と特徴量が多すぎて、すごいことになっています。

うわ~~~~~ (*´﹃`*)

 

 

The following two tabs change content below.

Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。

投稿者: Kazu Manabu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ”二代目 圧倒的 かず まなぶ (´・ω・`)” です 心が豊かになる方法について 引き続き考えていきたいです。