Python:テンポラリーファイルとテンポラリーディレクトリの作成

使用するモジュール :tempfile

import tempfile でインポートできます。

テンポラリーファイルの作成

一時的にテキストなどを保存して、処理が終わったら自動的に消すか残すか選択できます。

テンポラリーディレクトリの作成

こちらも一時的にディレクトリを作成して、処理が終わったら自動的に消すか残すか選択できます。

おわりに

いろんなソフトウェアを使うとテンポラリーファイルが溜まっていくと言われてますが、こういうことなんですね。自動的に消えないようにしたときは、しっかり自分でディレクトリとファイルを消すようにしないといけませんね。

消し方はこちら。ファイル操作

import os

os.remove(path)

os.rmdir(path)

ディレクトにファイルが入っていると消せないので、まるごと消す場合はこちら。

import shutil

shutil.rmtree(path)

投稿者: manabu_kazu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ” ('ω') かず まなぶ ” です。  心が豊かになる方法について 考えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です