機械学習:Scikit-learn アイリスデータでk-最近傍法をやってみる

Keita_Nakamoriです。

前回、アイリスデータの内容を確認しました。

今回は、機械学習で最も単純と思われるk-最近傍法をやっていきます。

  • 必要なモジュールをインポート
  • データをロードして、入力データと出力データを定義

トレインデータ(訓練用)とテストデータ(検証用)に分割する

# データはランダムに振り分けるが,固定し、0という番号を付ける。

X_train のデータをデータフレーム化して、内容を確認する

columns=iris_dataset[“feature_names”] #データフレームの列名を定義
df=pd.DataFrame(X_train,columns=columns)
df[:5]

X_train のデータフレームをpd.plotting.scatter_matrix()で可視化して眺める。

 k- 最近傍法分類 をやってみる

モデルの作成とトレーニング

予測する

予測性能の評価

結果:0.9736842105263158

または、

でもいいです。

投稿者: manabu_kazu

こんにちは すうがく を こよなくあいする ” ('ω') かず まなぶ ” です。  心が豊かになる方法について 考えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です